あなたはもっている?看護師の適性チェック

各分野に必要な看護師の適性をチェック

看護師の仕事に必要な適性を知ろう!

配属先で異なる適性も一緒にチェック

配属先で異なる適性も一緒にチェック

看護師の仕事には様々な分野がありますが、それぞれの分野に必要な適性があります。小児科の看護師には子どもが好きであることや、急変しやすい子どもの体調にいち早く気付くことが出来る注意力が求められます。手術室看護師は手術のサポートをしますから専門性の高い知識や、医師がスムーズに手術を進められるように先を読んで行動する力が求められます。精神科看護師は長期の治療になりますから、忍耐力や精神的な強さが求められます。

  • 子どもが好きなら小児科看護師

    子どもが好きなら小児科看護師

    子どもが好きな看護師は、やはり小児科が向いているでしょう。子どもは病院に良いイメージを持っていませんので、泣いたり暴れたりは日常茶飯事です。そんな子どもに優しく接し、不安を取り除いてあげられるような人が向いています。また、医療器具が子ども用のために大人用とは若干サイズが異なります。そのため手先の器用さも求められるでしょう。子どもは容態が急変することも多いので、優れた観察力も必要です。また、保護者に対するケアも重要になります。小児科看護師に必要な適性を詳しく見ていきましょう。子どもが好きなら小児科看護師

  • 知的で落ち着いているなら手術室看護師

    知的で落ち着いているなら手術室看護師

    手術の際に、医師の隣で手術のサポートをするのが手術看護師の役割です。また、手術前後には患者さんやそのご家族のケアも必要になります。手術にミスは許されませんので、手術看護師には高い集中力が求められます。また、それに加えて手術のサポートに必要な専門性の高い知識も必要となりますので、日々の勉強が欠かせません。手術中は常に冷静に、次に医師が使う機器は何なのかを考え、その準備を素早く行うというスキルが必要になります。知的で落ち着いているなら手術室看護師

  • 優しさが必要とされる精神科看護師

    優しさが必要とされる精神科看護師

    精神科に来られる患者さんは感情的になってしまっている状態であったり、挑発的な態度であったりと、精神が不安定な状態です。そのため、精神科看護師はそのような状態の患者さんに対して適切な対応がとれるような冷静さが求められます。また、患者さんの状態を詳しく知るためにも、常にアンテナを張って相手の状態を感じ取る感受性の強さも必要になってきます。精神科で行われる治療は他の診療科とは違い、長期的な治療を行っていくケースがほとんどですので、粘り強さも必要になるでしょう。優しさが必要とされる精神科看護師